SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
こいのぼりの由来は、奈良時代まで遡る
7月 10th, 2013 by admin

こいのぼりは、5月の端午の節句に揚げられているもので、古くは奈良時代まで遡ります。

5月の初めの午の日のことを端午と言い、奈良時代に災厄を避けるために行われていた行事で、軒下にヨモギを挿したりして、いわゆる厄除けのための行事だったようです。

この頃はまだこいのぼりは使われておらず、実際に使われるようになったのは江戸時代からです。

江戸時代になると端午は幕府内でも重要な式日という扱いになり、大名は江戸城に集まってお祝いに参加することになっていました。

特に将軍に後継ぎが生まれると、鎧や兜を立てて盛大に祝いました。

そんな中で、こいのぼりは庶民の中からのアイデアで生まれ、滝を登る鯉を連想させ、登りきると竜になるというイメージによって、子供を竜に守ってくださいと言う想いで揚げられていたようです。

江戸時代の頃のこいのぼりは和紙でできており、昭和になってから現在のような合成繊維で雨にあたっても色が落ちないこうのぼりが揚げられるようになり、大きな農家の庭先にはたくさんの数が揚げられたりしています。

また、町や村のイベントで、吊り橋の端から端まで、多くのこいのぼりが揚げられるなどのイベントを行っている所もあるようです。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa